HOW WE SURVIVE IN THE FLAT FIELD
平坦な戦場で僕らが生き延びることを
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ほーちみん
こないだちょっくらベトナムへ行ってきたときのこと。
シンガポールからは飛行機で2時間。
北海道から大阪と同じくらいの飛行時間。

最後にベトナムに行ったのは9年位前で添乗員時代に仕事で行ったんだけど、いやいや、すっげー発展してた。
9年前のときは、うーむここには住めねぇ・・・と思ったんだけど、今なら住める!ってか住みたい。便利だし安いし清潔で快適そう。
日本のベトナム雑貨ブームのおかげで以前は全く英語すら通じなかった市場でも「安いよーかわいいよー」と日本語で言われた。すごいねジャパンマネー・・・。

ホーチミンの雑感

・市場や雑貨店ではばりばり日本語通じる。
・以前はなかった日本食屋が山のようにできてた。
・ビールが安い!生ビールで一杯100円くらい!
・雑貨はここで見るとかわいいけど、我が家につれて帰るとどうだろうか?!と思う。
・けっこう乙女チックな雑貨が多い。
・タバコも安い。1パック150円程度。
・ベトナム料理はヘルシーでうまい。あんまり肉も使わないし野菜がわんさか。
・野菜の味がうまい。シンガポールで味気ない野菜を食べてるせいで、野菜そのもののうまみに感激した。
・電線がすごく張り巡らされてる。一家に一本か?
・バイクは以前より少なくなっていて、車が増えていた。しかもその車がどれもぴっかぴか。
・中国人よりえげつなくない感じ。商売人も。
・市場に行くなら中心部から離れてるところのほうが安い。日本語も英語も通じなくなるけど。
・フランスパン旨し。
・ベトナムコーヒーは香りがいいけど、あの飲み方は好きになれない。安いコーヒーには焦がしたとうもろこしが混入してあるので要注意。
・町並みがかわいらしい。やっぱりフランス領だった影響もあるだろうけど、中国人よりセンスがいい。

そんな感じでした。
また遊びに行こうと思う。
雑多な街のほうが落ち着くのはなぜだろう・・・。

JUGEMテーマ:旅行


| yuma | たび | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Hoおじさんち
土日月で、ちょっくらベトナムへ行ってきました。

久々に値切ったり、ビールを浴びるほど飲んだり、楽しかった。
詳しい感想はまた時間のある時にでも、書こうと思います。

火曜日からは普通に仕事。
土曜日も出勤。

んーがんばる。
































JUGEMテーマ:アジア


| yuma | たび | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ちょっくら
日本に帰国してました。

10年以上会ってない後輩や同期に会ったり、TAXI君に会ったり。

みんな変わってないのにさ、
でも、
きっと会社では社会人〜って、サラリーマンって顔して、
働いてるんだろうな。

不思議な気がした。

こっち戻ったら、いきなり35度とかで早速風邪引いた。

でも気合で、どんな気合で、
水曜日。
平日にもかかわらず朝4時まで飲んだくれてきた。

おっさん、モトイお兄様たちに手の甲にちゅーされたり抱きつかれたりしながら、
すっかりしっかりおごってもらって、出したのはタクシー代だけ!
シンガポールはさーお酒高いから、こういう飲み会大歓迎。
ちゅーぐらいはいくらでもしてって感じ。
3次会は若い銀行マンくんと店長とかわい子ちゃんと。
おもしろかった。
みんなべろべろだったし。

そういう飲み会はいいね。

北海道でも東京でも飲んだくれてたんだけど、体重が過去最高記録。

お酒とタバコはやめれないので、お菓子をやめます。

さてさて、土曜日はそこでできたお友達と中国東北料理に行く予定。

その前にお仕事なんだけどね。

今、鋭意PC復旧作業中。

JUGEMテーマ:日記・一般


| yuma | たび | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
清明節
前の日記にも書いたように、お墓参りが本来の目的なので、翌日は夜遊びしたにもかかわらず7時起床、7時半出発で郊外の墓地へ。(写真は墓地の風景)







朝起きてびっくり、子供がお家にたくさん。

Aiteeん家は一男七女の8人兄弟。末っ子が男の子で、Aiteeも最後の女の子。ということは姉さんが6人。誰が何番目か教えてもらったけど最後まで覚えられず・・・とにかく姉さんがたくさんで皆結婚してるのでそれぞれの子供を連れて帰ってきてるのでした。

2番目のお姉さん(バツ一子持ち)の車に乗って墓地へ。

日本ではお墓に入るのが普通だけど、こちらは納骨堂に入るのが普通。
写真を撮るのははばかられたので撮ってないんだけど、ガラス張りのお部屋にそれぞれの骨壷。骨壷も中国食器のようにカラフル。
その上に遺影。
中には生前の愛用品(めがねやハーモニカ、ハンドクリームなど)がさまざま一緒に入れてあり、まるで知らない人のお骨でも、生前をしのばせる愛用品を見ていると、「あーこの人はテレビが好きだったんだなー」とか「わーおしゃれな人だったんだなー口紅や香水がたくさん!」など博物館のように楽しく鑑賞してしまった。

お父さんのお骨が入っている場所の正面の礼拝台に、お供え物をしお線香ろうそくを立てる。
お父さんの大好きな潮州餅、焼き豚、烤鴨などたくさんお供え。
日本と違って花は供えない。ろうそくは赤。線香は長い土色のもの。

お供えをし、年少の者からお参り。

そして拝台の前で、2枚のコインを地面に落とす。
一枚が表で、もう一枚が裏だと、お父さんがやってきて、わたしたちのお供えを受け入れたという合図だそうで、何度かその目が出るまでコインを地面に落とす。
3回目に裏と表が出て、そのあとは裏側にある専用の場所で天国で使うお金(もちろん本物じゃないよ)、車などを紙でできた生活用品(本当に良くできている冷蔵庫やテレビなど)を燃やす。
燃やすことで煙が天に昇り、お父さんの場所に届けてくれる。

お金を燃やす場所の前で、わたしとAiteeは偶然5リンギット札を拾った。
お父さんからのお小遣いかもしれないね!ということでお札の番号の4Dという数字を選べる宝くじを買うことにした。

そしてお墓参りから家に戻り、朝食。

お粥と焼き豚、そして潮州糕というお供えにも使ったお餅。
このお餅が絶品!お母さんの手作りなんだけど、薄ピンク色に色つけられたお餅の中には、ピーナッツとゴマがあまじょっぱく味付けされたものや、切干大根みたいなもの、里芋とゴマなどが入っていて、どれも美味しい!これもこの日から毎朝食べてた。本当に大好き。美味しい。

そしてシャワーして、少し横になり、眠る。何寝?昼にはなってないし・・・

昼過ぎ、Aiteeに起こされて、友達と遊びに行く。
保険会社を経営している若きエリート君(すげー金持ち。ホンダに乗ってた)たちとラクサを食べ、おしゃべり。ここのラクサは蝦餅という蝦のたっぷり練りこんである煎餅をクルトンのように浸して食べる。

家にいったん戻り、またシャワー。1時間くらい家でゆっくりした後、さっきの友達を空港に見送りに行く。保険の売り上げで地区のトップになり、報奨旅行でドゥバイに行くんだって〜いいなー。

空港で見送る前に、本日の夕飯。
バクテー!
うまーーーい!
このバクテー(肉骨茶)もシンガポールやマレーシアではメジャーな料理で、豚の排骨と湯葉や野菜(ヤングコーンなど)を漢方のきいたスープで煮込んだもの。
ここでは炭火で煮込んでいて、土鍋に入ったものが出てくる。
一緒に出てくるご飯が干し海老味のしょうゆご飯!
うまい!
シンガポールのは胡椒が利いていてスパイシーなんだけど、ここのは漢方の風味が強くて滋養によさそう。

そして空港まで見送った後、別の友達の家に行きビールなどを飲みながら、サッカーの試合を見る。

その後、他の友達と合流するために屋台へ移動。
ここでルルという屋台料理。
台に色んな串が置いてあり、横の備え付けの鍋でしゃぶしゃぶのように湯につけてチリソースやしょうゆソースにつけて、立ったまま食べる。
貝が美味しい。
日本でなんていうのか知らないけど、地元では「バン」って言うんだって。
赤貝みたいなの。
しゃぶしゃぶして山椒とネギしょうゆのたれにつけると最高。

ひとしきり串を食した後、屋台で飲んだのが、オリーブジュース!
これは生オリーブのジュースに酸梅(すっぱいマンの甘くしたやつみたいの。中華圏では普段のおやつ)を入れたもの。
これがーしつこいけどーすごーーーーーーーく美味しい。
シンガポールでも気軽にのめれば良いのに・・・・口がすっきりしてほのかな渋みがある。

たらふく食べて飲んでおしゃべりして、またもや深夜帰宅・・・泥のように就寝。

JUGEMテーマ:アジア


| yuma | たび | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Laksa
という食べ物があるんだけど、ラクサという同じ名前がついても場所によって味は本当に色々。

日本のラーメンが土地によって色々なのと似てる。

大きく分けて2種類あって、
わたしの住むシンガポールのカトン地域で有名なのがカレーとココナツミルクのスープに魚介が入ったカトンラクサ系。
もう一種類が今回行ったペナンで有名な魚介スープに酸味と香草が利いたペナンラクサ系。またの名をアッサムラクサ。

今回ペナンで4回食べたんだけど(食べすぎ?)、どのお店もそれぞれに味が違って、でもどこで食べても美味しかった。シンガポールのラクサはペナンではカレー麺って呼ばれてた。麺もね全然違う。ペナンのは大連に来たことある人は皆食べたことある雲南名物なのに大連で繁盛している米線だった。(なぜならわたしが毎回必ず連れて行くからさ)
久しぶりに米線食べれて嬉しかったなー。

食べるのに忙しいから、写真は1枚もありません!

最初に食べたGurney Driveというところのラクサが一番好きだった。
ミントに香草にとにかくスパイシーで辛くてすっぱくてさっぱり、そこに海老で作った茶色のどろっとしたプラウンソースをかけて小さなチリ(チリバリ)をたっぷり!もー絶品!

最初の晩は午後から休みをとって、ジョホールバルというシンガポールに面している国境沿いの州へ。
そこに着いたらAiteeの弟が迎えに来てて彼の車でジョホールの空港に向かったんだけど、空港はちょっと遠くて40分くらいかな?その空港から国内線の飛行機に乗る。
なんと今回はこの片道・・・日本円にすると燃料費も空港税も込みで3000円しなかったのだ。事前予約でNETで予約したんだけどね。こういうキャンペーンがあるからバジェットエアーのHPはまめにチェック!1時間飛行に乗ってペナン。今回はAirAsia。真っ赤な機体がかわいい。
ペナンに着くとAiteeの同級生が迎えに来ていて、そのまま屋台へGO!
そこがGurney Driveって言うところで、そこで早速夕ご飯。
蛸のゆでたものや、イカ焼き、焼き魚、ラクサなどなどを食べる食べる食べまくる。
何を食べてもシンガポールの100倍美味しい。
ソースやチリソースすべて手作りだし、素材は新鮮だし、当然何を食べても美味しいの。
普段シンガポールでいかにまずいものばかり食べていたか実感・・・涙しながらむさぼり食べつくした。

そこからまたAiteeの家の近くのAutocityっていう車の展示会場なのにたくさんの小洒落たレストランやパブがたくさんあるところで、生バンドの演奏を聴きながらまったりと飲む。
わたしは夏に大好きなMojitoを。これもフレッシュミントがたーっぷりでうひひ。美味しい。
飲み物はラテンなんだけど、バンドは中国バンド。
でも好きな曲をリクエストできるから、陶吉(ほんとは吉二つ)とかリクエストして4人で盛り上がり、初日なのに2時くらいにやっとAiteeん家に帰宅。

もちろん家族はみーんな寝ていて、誰にも会わずに勝手に上がって二人ともあっという間に就寝。

JUGEMテーマ:アジア


| yuma | たび | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
檳城 Pulau Pinang
久しぶりの日記。

クソ忙しくてむかつくので、うひーってなって、仕事やっつけて、マレーシアのペナンに行ってきました。行く前は本当に毎日毎日12時頃まで残業で、へっとへと。もう若くない・・・

今回は会社の同僚Aiteeという中国潮州系マレーシア人のお家に泊まって、3年前に逝去されたお父さんの為のお墓参りに行くのが主な目的。
今年の4月4日は清明節(旧暦なので毎年変わる)という日本のお盆のような彼岸のような日。
で、お墓参りの里帰りに便乗してきたの。

ペナンは島の部分と大陸の分に分かれた結構大きな州。
マレーシア全体では国民の7割ぐらいがマレー系で、残りが中国系インド系なんだけど、この州は潮州から移住の中国系が人口の7割くらいなので、まるで中国の南方にいったみたいな感じ。
マレーシアは各州ごとに王様がいる王政がほとんどなんだけど、ペナンには王様はいない。そこも中国っぽい所以かも。王様がいない州は4州だけ。
ってわたしは自分の行く国や住むところの歴史を知るのが好きなので、色々調べるんだけど、興味のある人はWikiでも見てみて。

中国系の人口がほとんどで、泊まった家ももちろんそう、遊んだ人たちもそうだったからこの4日間は毎日中国語オンリーの生活。久しぶりにこんなに中国語しゃべったね。最初は英語が出てきちゃうけど、いつの間にか中国語脳に戻ってた。シンガポール着いた途端、タクシーの運転手に中国語で話してしまった。無意識に。

楽しい旅の話は、明日から思い出しながら書いていきます。

あーそれにしても、楽しくて、美味しい毎日だった!!!!

仕事行きたくな〜い!!!

JUGEMテーマ:旅行


| yuma | たび | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
優雅な休日
S太郎が遊びに来てくれたのでビンタン島に行ってきました。



ビンタンはインドネシア。
船で1時間だけど、時差も1時間。
11時の船に乗って、着いても11時。



何もせずに食べて昼寝してエステしてと、ひたすらのんびりしてきた。
こういう時間の使い方は、大人になって覚えた贅沢な時間。



雨季だから、雨降り天気だったけど、それはそれで暑すぎず良かった。

とっても素敵な気分転換。



S太郎、はるばる遊びに来てくれてありがとうね!

今日から現実・・・たまった仕事をこなして、9時半にやっと帰宅・・・


JUGEMテーマ:アジア


| yuma | たび | 01:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
故郷
久しぶりの私の国日本。

便利だなぁ
綺麗だなぁ
清潔だなぁ
親切だなぁ

と久しぶりなので、1日目2日目は感動しきり。

名古屋では、友達と旦那さんとそのパパ、ママと楽しく食事したり飲んだり。
ほんとに美味しい物を沢山ご馳走になりました!!

中でも気に入ったのが、伏見駅7番出口出てすぐのところの「大甚」一杯飲み屋って感じのところで、小皿で好きなお惣菜を取ってきて食べる。美味しかったぁ。
ビール1本、日本酒4合をいただく。
ここは友人ママ曰く4時からやってるそうで、私たちが入ったのも5時過ぎだったんだけどすでに満席。一人呑みの叔父様が殆ど。
ほろ酔い加減のおじさんに「あら、おねーさんきれいだねぇ!」と言われさらにいい気分。あはは

その後行った「初鳥」(字あってるかな?)
噛めば噛むほど美味しい名古屋コーチン。
皮ももつもとっても美味。

そして念願の喫茶コメダ。
シロノワールも食べたよ!想像通りに美味しかった。


皆様も名古屋へ行く機会があればどうぞ!
シオリちゃん本当にありがとう。
とっても楽しかったわ。


ってな感じで、早速食べまくりのわが祖国日本だけど、
今日は本来の目的おじいちゃんのお見舞いへ行ってきた。

すっかり小さく弱くなっていたけど、とても嬉しそうだった。
顔を拭いてあげて、入れ歯を洗ってあげて、爪を切ってあげて、暫くおしゃべりしてきたけど、爪切ってる間にもうとうとし始めたり、すっかり弱くなっているなぁと。
毎日会いに行く予定。
私に出来るのはこんなことぐらいだもん。

さて今夜はtaxiくんとごはんです。
久々の札幌だー!!!

| yuma | たび | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ちんだお
10月1日から中国建国記念日の連休だったので母と旅行に行ってきた。
今年は青島。



石畳の残る町並みをぶらぶら散歩したり



ドイツの古い教会を見たり



テレビ塔に登ったりしてきたよ。

とてもいい天気で気温は27度にもなった。
青島には6箇所ほどの海水浴場があるんだけど、泳いでる人も見かけた。
夏再来のような暑い旅行だった。

母はやっぱり一番楽しかったのはジャスコだったよう。
牛蒡を買ってきて大連に戻ってからキンピラを久々に食べた。
| yuma | たび | 04:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
出張で出会った人たち
出張に行った時、

一人で西湖をぶらぶらと散歩した。
周りは楽しそうなカップルだらけで少し寂しくなった。
出張先の人から「うちに泊まれば?」って言われた。
もう不倫はこりごりだし、一晩だけの相手とかはいらないんだい。



お昼にふらりと入った刀削面屋さんで、
魚香茄子ご飯を注文・・・ないって言われて「●△□☆でもいい?」って聞かれた。で、「うんいいよ」って言ったんだけど、実は何が出てくるかわからなかったんだ。そして運ばれてきたものを素直に食べてたら、「あれ?わたし三鮮刀削面は?」って他の人が聞いてる。あ、わたしが食べてるのは・・・ひ、ひょっとして?
お店の人が間違って運んじゃったみたい。ごめんなさい。食べちゃいました。



スターバックスでコーヒー飲んで一休み。
タバコが吸いたくて外に出てみると空席がなくて、日本だとここで引き下がるんだけど、中国式で相席を頼んでみることにした。
「ここ空いてますか?」と紳士風なおじさんに聞いてみると、どうぞと。
一服しながら旅行者用のパンフを開いて、これからどこに行こうかと考えていたら、おじさんが「アメリカ人ですか?」と聞いてきた。「いえ、日本人です」と答えると、おじさんは20年前に日本語を少し習ったことがあるという。20年前って結構凄いよね。80年代でしょ?おじさんの年齢から言って、とっくに30台は過ぎていたと思うよ。凄いな。
おじさんと日本と中国の友好について、言語を習得することの有効性について、近年の杭州の経済についてなんてちょっと難しい話を色々として盛り上がる。最後に西湖のオススメスポットを聞いて名刺を交換して、ビックリ。政府の方でした。ああいう本当のインテリみたいな方もいるのよね。失礼だけど、田舎くさーいイメージだったのよ。共●党の方ってね。
靴はハッシュパピーだし、時計はロンジンだし。お洒落なおじ様だった。
わたしのイメージとしては、靴はせいぜいバーバリーもしくはバリー、時計はもちろんロレックス。と思っていたもので。思いっきりステロタイプな自分。ははは。



飛行機欠航で、地元の旅館へ。
良心的な価格で暖かいサービスといった感じの旅館。
初めて日本人が泊まるようで、おじさん、おばさん共に凄く親切。
中国語を話す日本人は初めてだとのこと。
無理もないここは瀟山。杭州とはまた違った片田舎なのだもの。
シャワー室には何とバスタブも!前日までのホテルは4倍の値段だけどバスタブなかったよ!
ゆっくりバスタブにつかり極楽。欠航もいいことあるよ。



翌日再び空港へ。
飛行機は無事に離陸し・・・・青島へ。
おいおい目的地は大連・・・海の向こうじゃんか!
ってわたしは着陸までぐっすり寝てて、なんで青島にいるのやら?というか飛行機降りるまで、そこは大連だと思っていた。寝すぎだ。自分。

大連天候不良でいつ飛ぶかわからんとのことなので、取り敢えず青島ビールでも飲んでみる。隣で日本語が聞こえてくる。どうやら同じ便に乗っていた人のようだ。素敵なおじ様3人組。
「日本人の方ですか?」と声をかけてみて(もちろんわかってるんだけど一応礼儀としてね)、一緒にお茶を飲んだりビールを飲んだり。
散々待った挙句、地上係員の指示でホテルへ行くことに。ここで一同、「今日はもう飛ばないか・・・」と青島に飲みに繰り出そうか?なんて話すものの、ホテル滞在はわずか2時間で、再び空港へ連れ戻され、待つこと1時間。朝10時に出て夜9時やっとの思いで大連へ。
わたしは杭州からだからまだましだけど、この便は福州ー杭州ー大連。福州からの皆さんはもっと長旅でしたよね。
しかしこういう時、青島空港の対応は最悪だった。今までいろんな空港で遅延は経験あるけど、もう少しましなアナウンスだった気がするよ。ここは10年前から進歩なしって感じ。英語のアナウンスもロクにないし、遅延欠航の連絡ボードもなし。電光掲示板は古い表示のまま。最新時刻の表示はなし。これじゃあ中国語できない人は大変だよー。
添乗中じゃなくて良かったよー。仕事で来てたら、絶対お客様に切れられていたはずだわ。
ってかわたしも地上係員相手に切れていたはず。

3名の紳士の皆様、ご馳走様でした。おかげで退屈せずに過ごせました。
| yuma | たび | 04:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ