HOW WE SURVIVE IN THE FLAT FIELD
平坦な戦場で僕らが生き延びることを
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
大黒柱
人生で一番大きな買い物、マンションを買おうとしている。
どう調べても、3LDKだと賃貸より安価な中古マンションを買う方が良かったから、仕方がない。

根無し草で家を持つ事なんて自分の人生には起こりえないと思っていたのに。

母は少しづつ普通の会話が成り立つようになっていたけど、家に一人にするのは無理そう。

これからは介護と自分の生活のバランスをどうとっていくか、がしばらくの課題になるだろうな。
 
| yuma | にちじょう | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ありのまま
ありのままの自分を受け入れて、肯定して前に向かっていく。
今まで自分で出来ていたと思っていたのに難しい。

母が脳出血で倒れて5日目。
不安で押しつぶされそうだけど、泣きつく相手もいなく、今までこういうときに泣きついてきたのは母なので、その母に泣きつく事も出来ないということを受け入れられない。

家にいてもそこかしこに母の気配を感じて、また探してしまう。

いつも夢中で考えていた仕事のこともどこか他人事で、自分がいなくても回っていくんだろうなぁとぼんやり考える。


 
| yuma | にちじょう | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新年快楽!
この国には新年が4種類あるので、どれもあんまり盛り上がんない。

それぞれの民族の新年で、国民がいっせいに祝う日はやっぱり建国記念日。

だからこの中国正月も、まーぼちぼちって感じ。
でも中華系の人は旅行に行ったり親戚や友達の家に集まってすごすので、街中が空いていていい。なんたって人口の7〜8割はいるからね。

わたしは友達の家(マレーシアンチャイニーズ)の家で、家族の正月に参加。
こっちの正月は大陸とは違って、スチームボートっていう鍋か、魚生っていう細切にした野菜と刺身を食べる。
大陸のように餃子は食べない。
なんか淋しい。
やっぱり正月は餃子だよね・・・と思うなんて、わたしは大陸人なのだろうか。

子供たちにお年玉をあげて、久々の家族団欒ムードを味わってきた。
久々でもないか・・・いっつもR姉の家にお邪魔してるしね。



JUGEMテーマ:アジア


| yuma | にちじょう | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ありがとう
昨夜の北海道は私が生まれたときと同じように、しんしんと雪が降っていたそうです。

雪の街に生まれたわたしはシンガポールで35回目の誕生日を迎えました。

毎年、誕生日になると思うのが、もっと笑って、もっと人に優しくして過ごそう、ということです。

お花をもらったり、楽しい夕食をご馳走になったり、素敵なカードやメッセージ、贈り物、本当にありがとう。

人のやさしさに助けられて、支えられて、今まで生きてきたことを、改めて実感しています。

もしわたしの人生が70年ならば、すでに折り返し地点まで来ました。
自分の年齢は、ちっとも恥ずかしくありません。
恥ずかしいのは、自分の思い描いていた35歳にはちょっと遠いことだけです。
35歳まで生きて来れたこと、そしてわたしの人生に関わって、ここまで育ててくれたみんなに、一人一人にお礼を言って歩きたいぐらいな気分です。音信不通になってしまったけど会いたい人や、過去の恋人たち、みんな本当にありがとう。
あなたのおかげで、今、わたしはここにいます。

こないだまで小学生だったような気がしてなりませんが、これからは、もっと笑って、もっと人に優しくして生きていこう、と思います。
だって優しくされたり、笑顔を向けられると、嬉しいんだもの。





会社に届けられたフラワーアレンジメント。
素敵な笑顔の格好いいお兄さんが届けてくれました。
白と緑に綺麗なお花がみっちり。
ベッドサイドの棚において、眺めながら眠りにつきます。
嬉しい。

JUGEMテーマ:日記・一般


| yuma | にちじょう | 01:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Indian Pub & Indian Disco
土曜日にR姉と愉快な仲間と一緒にインドパブなるものに行ってきた。

きっと2〜3件はしごするよーと言われたんだけど、パブで飲んだ後はデスコへ。

どっちもインド人一色。
インド系の男性はとにかくよくスキンシップをとる。
しかも女性にではなく男性同士で。
最初は、みんなゲイ?と思ったくらい。
手をつなぎあうのも当たり前、手の甲にキスしたりなんかもしてる・・・でもゲイではないので、逆にゲイの人にとっては生殺しのような・・・地獄のスキンシップかもしれない。

まず、パブは普通のパブだった。
サッカーとラグビーの試合を大きな画面で放送していて、好きなほうを好きなように見ている。スポーツパブみたいな雰囲気。
飲み物は色々ありそうだけど、周りを見ると飲んでるのは、ビールかシーバス。
シンガポールでも中国同様ボトルキープといえば、シーバス。
しかも砂糖入りの甘い緑茶割り・・・これも中国と同じ。
まぁ慣れれば、これもまた美味だけど、わたしはロックで頂く。
R姉友のボトルだし、そこにいる愉快な仲間もほとんど自営業のおっさんばかりで身なりもよく、マナーもよろしい紳士なので、心置きなくボトルから飲みまくる。

その後はデスコへ。
ライティングとかも雰囲気自体が、クラブではなくディスコ。
もちろん音楽はインドポップス。
踊りがみんなボリウッド。
首の動きのきれのよさと、ツイストのような腰のフリに、もうわたしは釘付け!
うはーすげー映画みたい。
おじいさんと言ってもいいような年齢の男性も切れよく踊ってらっしゃる。

生バンドの演奏はほとんどインドポップスで、ディスコタイムはDJがいて、インド風にアレンジされたHipHopなど。
何度か踊りに誘われたけど、勇気がでなくって眺めてた。
HipHopタイムで少しフロアに出てみると、んーいつも行くようなクラブではわたしが普通だと思うんだけど、ここじゃーわたしの動きが浮いてしまう・・・奥深しインド舞踊。

インド系の女の人もさまざまで、年齢を重ねるごとに、腰まわり・お尻にしっかり肉が付いてガッシリオッカサン体系になってくるんだけど、若い女の子はほんとに綺麗。手足が長くてほっそり〜もちろん顔立ちは西洋と東洋の交じり合った美しい面差し。
見ているだけでも楽しい。

スーパーマンばりに胸筋のすごい人と、口ひげのおっさんにナンパされたけど、さすがについていくに気はならなかった。でも久々に女の子扱いされていい気分。あはは

それに、R姉は途中で、「あの人、前彼にそっくり〜〜〜」といつの間にか逆ナンで忙しそうだし、あげく、切なさに感極まって泣き出すし・・・
なんだかんだで朝5時まで、インドナイトをどっぷり楽しんだ。

ちなみにR姉はマレー系。
わたしは誰にも日本人とも中華系とも思われなかったので、ここでもマレー系と思われていたことでしょう。悪目立ちしなくて助かるわ〜この容姿。

おかげで日曜は死んだように寝た。

JUGEMテーマ:アジア


| yuma | にちじょう | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
海苔のパスタ
久々に大ヒットな美味しさだった。

年末に母が餅と共に送ってくれたけど、そのまま忘れてたしけった海苔があったので、あ、正しくは「しっけた」なのかなぁ・・・まぁいいや、しけったの方がぴんと来るので。方言なのかな。要するに湿気を帯びた海苔です。ぱりぱりしてない。もしゃもしゃ。

その海苔であられとかおかきみたいな味のパスタはできないもんかな〜と思っていて、そのまま「のりのパスタ」で検索してみた。
そこで見つけたのが大宮冬洋さんのブログ。冬洋さんって素敵な名前だ。本名だろうか?

「実験くん」の食生活

うーんなんか読んだことがある。この人の文章・・・と思ったら、このライターさんだった。このブログも面白い・・・。人の生活を覗き見する感があるからだろうか。

ロスジェネ世代の叫び!

メルマガで購読している日経オンラインで愛読しているコラムだった。
大宮さんの文章はなんかさらりと嫌味なくすーっと入ってくるので好きだ。
この「ロスジェネ世代の叫び」のロスジェネってなんじゃそりゃって思うけど、コラムは興味深いのでぜひ読んでみて。しかし男心は女心より複雑かつ面倒なものだね・・・。

で、そうそう「のりのパスタ」。
このブログには詳しいい作り方は載ってないんだ。だってNHK食彩浪漫のレシピだから。
もちろんシンガポールでは日本の書籍は高いので、本読みのわたしは料理本に使うお金はない!もっと読みたい本があるもん。

ということで、想像して調理。

この写真によると、ぺペロンチーノに海苔がたっぷり入った感じだけど、食べたいのはおかきみたいな味なので、都合よくアレンジ。

まずはいつものようにパスタを茹でて、その茹で汁でしけった海苔をペースト状にすべくフライパンに入れる。茹で汁は適当に入れて好みのペーストにする。そこにしょうゆ・砂糖を入れて味見しながら、おかき味に。

茹で上がったパスタとバターと海苔ペーストをフライパンでまぜまぜ。

その間に同じく砂糖とおしょうゆで好みの味にした入り卵を作る。

で、できたパスタにいり卵と京都土産でいただいた美味しい七味をかけて完成。

美味しかったので写真はなし。
熱々を美味しく食べるほうが忙しかった。
好みの海苔おかき味のパスタだった。

また作りたいけど、しけってない海苔を佃煮にするのはもったいなさ過ぎるので、半年くらいに一度のメニューになりそう。

JUGEMテーマ:日記・一般


| yuma | にちじょう | 01:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Selamat Hari Raya!
10月1日はイスラム教徒の人の断食明けのお正月のようなお盆のような日だったので、今年は会社のマブダチ(久々に使うこの言葉・・・死語入りしてるよね?)R姉さんとその息子と親戚の家や友達の家を回るのについて行った。この日はイスラム暦によって決められるんだけど、今年は10月1日。

R姉さんは第二夫人なので一日目には旦那は第一夫人のところにいるから、姉さんの叔母さんや友達の家を訪ねて歩くとのこと。ラヤラヤしに行くと言います。このラヤラヤに参加。

当日はバジュクロンというムスリムのお洋服を着て(この日のために購入・・・すごく似合ってて自分でも困るほど。街を歩いていても誰も不思議そうにしない・・・)姉さん家にまず向かう。

そこで一度目のお昼ご飯をご馳走になる。

お正月に食べるのは日本の餅のような、笹に包んでご飯を炊いたものナシクトゥパにいろいろなおかずで食べる。あとはナシミニャっていうインド料理のビリヤニみたいなご飯。これも大好き。
わたしが好きなのはココナツ味のカレーにキャベツ・大根・チキン・厚揚げなどを一緒に煮込んだものをかけて食べるの。それに海老のサンバルっていうめっちゃ辛いチリをまぶすと最高。

そんなこんなで昼の12時から合計4軒のお家にお邪魔して、最後の家を出て家に着いたのが夜22時・・・それぞれのお宅で美味しいクッキーや手料理をご馳走になり、合計5食分くらい食べた気がする。家に着いたらさすがに胃もたれ・・・。

この日は、みんな伝統衣装を着るんだけど、それが色鮮やかで本当に素敵。
家族は同じ色のものを着ているので、4人とか5人で歩いてるのを見かけると、子供たちまでおすましして同じ衣装に身を包んでいてなんともかわいらしい。

お邪魔すると、まず年長者の女性に先に挨拶するんだけど、右手で握手して「せらまっはりらや」と言った後、手を離して自分の左胸に当てる。

これだけやっていると、誰もわたしが日本人とは思わない。
わたしより若い女の子は何の疑問もなく、わたしの手をとり握手して「せらまっはりらや」と言ってくる。まさか外国人がそこにいるとは思ってないんだろうね。

そして食事を勧められると「てれまかし」と言って、席に着けば、そのお宅の人がいろいろな料理を勧めてくれる。
そこで「誰の友達か?」とかいろいろ突っ込んだ質問されるとわたしはマレー語はからっきしなので、実は日本人なんですーとばれちゃう。会話はもちろんみんな英語が話せるのでばれちゃった後は平気。

でもみんなとっても驚いて、そして大歓迎してくれるので、つれてきたR姉さんも面白がって最後までわたしが日本人だとは紹介しないの。

だって本当に見た目が日本人らしくないから、みんな心から驚いてくれて、楽しい。
こんな調子でいろんな家で驚かれつつ、もちろんどこの家でも日本人の客なんかわたし一人で、断食にも参加してないのに美味しいものをたくさん食べて、ほんっと楽しい1日だった。
あーあーマレー語話せたらもっと楽しいんだろうなぁ・・・勉強始めちゃおうかなぁ・・・


次回の休日は10月27日。
今度はインドのディババリというお正月なので、今度はインド人のお宅へ訪問する予定。

日本のお正月はシンガポールでは素っ気無くって寂しいんだけど、色んな民族の友達ができて、それぞれの行事に参加するのは何とも得した気分。相変わらず日本人の友達は少ないんだけどね。それはもう諦めた・・・無理して合わせても疲れるだけだから。ってことはわたしはどんどん日本人とは気が合わなくなってるんだろうか・・・それはちょっと問題。

今回はカメラ持って行ったんだけど、間抜けなことにバッテリー切れで写真はなし!
どのお家も素敵に装飾されていて、こんなにたくさんの知らない人の家に行く機会もなく、中華系の友達の家にしか行ったことなかったんだけど、 HDB(公団住宅みたいなもの。シンガポール人は一般的にHDBに住んでる)って一口に言ってもマレー系の家は、ずっと華やかな感じ。色使いも装飾もかわいらしい。


今日は打って変わって23時まで残業。
やっと月末の締めが終わった・・・。

JUGEMテーマ:アジア


| yuma | にちじょう | 02:29 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
One Day




爪楊枝と比べて!
超小さいトマト。
マイクロミニトマト。

毎月一回、旬の味を味わうコース料理を食べに「厨(くりや)」っていう日本料理に行きます。
日本の旬のお味は素敵。

毎月通ううちに、料理長さんにデザートをおまけしてもらうようになった。
毎月通ってる女性客はわたしたちだけだってさ。

旬の味は五感に刺激をくれる。





バス停とその横の新聞スタンド。
インド系の人の経営が多いの。
新聞スタンドと両替屋。
品物の並べ方が、きちーっとしていて、色鮮やかで独特。

映画の合間に携帯電話のカメラで撮った。
この手ぶれ加減が自分では気に入ってる。

JUGEMテーマ:日記・一般


| yuma | にちじょう | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かえりみち








最近は日中暑くても、夕方には涼しくなる。
北海道の夏みたい。

夕暮れ間際の帰り道。
大学の中を潜り抜けて、乗り換えのバス停へ移動する。

JUGEMテーマ:日記・一般


| yuma | にちじょう | 23:14 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Dun think, Feel
































| yuma | にちじょう | 03:30 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ